スイングで真っ直ぐにボールを飛ばす秘訣

ボールがなかなか真っ直ぐに飛ばない理由として、体の回転があります。
膝を動かすような回転となるとブレてしまい、真っ直ぐに飛ばすことができません。
このため、膝を動かさず、その上を回転させたゴルフのスイングをすることでボールを真っ直ぐに飛ばすことができます。

89787349fce4b15fe8b5dcc787fa2341_m.jpg

膝を動かさないようにするのには膝を伸ばすことが大切になるため、直立不動の状態で、かかとの上に膝が来るような形にし、下半身を安定させるアドレスをとることが前提となります。
頭を動かさないというのもボールを真っ直ぐに飛ばす際には重要です。



ミートポイントが安定しないと当然ながらインパクトの位置も変わるため、あさっての方向にいきがちです。
頭も膝も動かさず、動かすのは上半身の胴体部分と覚えておけばそれだけでも意識して真っ直ぐ飛ばすことにつながっていきます。

772185b05be1075c741f513f456f9995_m.jpg

最後にグリップの握り方ですが、スクウェアの握りにすることが大切です。
スクウェアグリップとは、アドレスの際、左手の手の甲の出っ張りの部分が2つ半見えている状態の握りのことを指します。
スライスする人は左手の手の甲が空を向き、フックする人は左手の甲が地面を向くと言われています。
これに気をつけてスイングをすると手の甲を意識してボールを真っ直ぐに飛ばすことができます。


アドレスの際にはボールと体の位置が近すぎず、遠すぎずの位置で行うことも大切です。
これらを意識して練習をすると真っ直ぐに飛ばすことができるようになります。




この記事へのコメント